TOMIYA|OmotechoStyleStore公式オンラインストア
ようこそ  $LAST_NAME$$FIRST_NAME$様

Omotecho Style Store online store by tomiya

TOP > Magazine一覧 > NAKATA HANGER

NAKATA HANGER

2018.10.24

洋服への負担が断然違う。
緻密で丁寧なNAKATA HANGERのものづくり

NAKATA HANGER

ハンガーの値段は千差万別だけれど、「そんなに違いがあるの?」と思われている方にこそ知っていただきたい日本のハンガーメーカーがあります。それが「洋服の帰る場所」というコンセプトのもと、木製ハンガーを製造しているNAKATA HANGER。
『TWILIGHT EXPRESS 瑞風』の客室用ハンガーとしても採用され、その実力はお墨付きです。大切な洋服を丁寧に保管する一本のために精魂を込める日本のものづくり。洋服をより長持ちさせる方法としてもご参考になさってくださいね。

NAKATA HANGER

 

 

正しく美しい形のまま保管することが、愛用期間を延ばすカギ

NAKATA HANGERは、国内唯一の木製ハンガー専門メーカー

マガジンで今までも取り上げたことのあるNAKATA HANGERは、国内唯一の木製ハンガー専門メーカーです。日本のアパレル企業が求める非常に高い要求レベルに応え続けており、近年は一般ユーザー向けへの商品も製造しています。

※詳しいブランドヒストリーは過去の記事をご参照ください。

職人の高い技によって生まれるMade in Japanの木製ハンガー。
NAKATA HANGER定番のひとつ「NH-2」は32400円と決してお手軽価格とは言いにくいお値段です。一本数百円で売られているプラスチック製のハンガーと1万円を超える価格のNAKATA HANGERの木製ハンガー、その違いはどこにあるのでしょう。

 

洋服は毎日同じものを着用せず、一度着たら2日ほど休ませる方が長持ちするというお話を聞いたことがあるでしょうか。NAKATA HANGERには段違いに洋服をきれいに保つ機能があります。

人間工学に基づいた滑らかな曲線と、肩先の厚み

最大のポイントは人間工学に基づいた滑らかな曲線と、肩先の厚みです。人間の立体的な肩の厚みや背中のカーブを再現した曲線が、洋服をかけた時のすわりを良くしています。

襟の周りの凸凹

また「NH-2」や「AUT-02」に見られる襟の周りの凸凹。
「トレンチ」と呼ばれるこの凹凸は人間の首回りを模していて、洋服をかけると人が着ている時のように美しく収まる形状で作られています。緻密に計算された、こだわりの製法で生み出された美しいフォルムで洋服の型崩れを防いでくれます。

 

 

技術と素材。価格に見合う確かな理由

「Made in Japan」のNAKATA HANGER

人間工学に基づいたNAKATA HANGERが一般的なハンガーより高価な理由は2点あります。まずは人間の体や首や肩、背中の丸みなどを再現するため職人が1本1本を手作業で制作しています。特に「NH-2」や「AUT-02」は曲線の削り出しをフリーハンドで行っている職人の技が光るモデル。

木目や節、繊維の向きに個性ある天然木に合わせた方法で丁寧に削り出しを行い、繊細なラインを生みだします。品質を守るために、国内自社工場で生産されている「Made in Japan」のNAKATA HANGER。時間をかけて体得した熟練の職人技で、1本に多くの工程と時間が費やされている品質の高さが1つ目の理由です。

 

ヨーロッパの自然豊かな森で徹底管理されて育てた天然ブナ材を使用

2つ目は材料へのこだわり。NAKATA HANGERは、ヨーロッパの自然豊かな森で徹底管理されて育てた天然ブナ材を使用しています。厳選されたブナ材は適度な硬さを持ち、均質で安定しているためハンガー製造に向いています。特にトレンチのあるハンガーを作るためには木材の厚みが必要です。ブナ材は丁寧に磨くことで表面が滑らかになり、洋服の繊維を引っかける心配もありません。

さらにパーツひとつひとつにまでも国産の素材を使用。良質な材料とジャパンメイドの高い技術によって格別の美しさを持つ一本が仕上がります。これだけのこだわりがあれば、もはや適正価格といえるのかもしれません。

 

 

洋服を守る最適サイズのハンガーとは?

ハンガーも自分の洋服サイズに合ったものを使用することが大切

洋服を適度なサイクルで休ませてあげるのもケアのひとつ。そのためにはハンガーも自分の洋服サイズに合ったものを使用することが大切です。

ハンガーを選ぶ際のポイントとして、まずは洋服の種類に合わせた厚みが重要になります。かっちりとした形のジャケットやコート用には厚みのあるハンガーを、薄いシャツには一点に負荷をかけない薄めのハンガーをおすすめします。

洋服の種類に合わせた厚みが重要

横幅は洋服の肩幅から2~4cm引いた数値が適切

横幅は洋服の肩幅から2~4cm引いた数値が適切

男性用や女性用と分別して販売されているものもあるので、ご自分の洋服の肩幅のサイズからお選びになるといいですね。明日着る洋服の定位置にするために自分用としての愛用者も多く、「次の日に着るスーツが美しく佇む姿を見ると明日も頑張ろうという気持ちになる」とお話されたお客様もいらっしゃいました。

一方でブライダルの引き出物として選ばれることも多くあります。ハンガーは末広がりな形と「服(福)をかけるもの」として縁起が良いとされており、ゲストの名入れをして引き出物にしたり、新郎新婦の名前と日付を刻印したハンガーをご両親に贈られたお客様もいらっしゃいます。
幸せのお裾分けにぴったりなアイテムとしてブライダルギフトにおすすめです。

 

 

NAKATA HANGERのものづくりに触れる。
11月1日~30日までイベントを開催!

NAKATA HANGER

私自身、大差はないかと油断してプラスチックや針金のハンガーで肩のあたりを型崩れさせてしまった過去があります。長く愛用したいお気に入りの洋服こそ負荷を軽減しながら休ませて、いい状態をキープする大切さを一本のハンガーから学びました。ハンガーで洋服の持ちは変わります。だからこそ大切な洋服を守ってくれるNAKATA HANGERの良さを知っていただきたいと、11月1日~末日、表町スタイルストアにてイベントを開催いたします。
NAKATA HANGERとはどういったものなのか、高価なハンガーの利点を詳しく聞きたい方は、ぜひ表町スタイルストアで「丁寧な日本のものづくり」に触れてください。

表町スタイルストアにてイベントを開催